枕・ピロー

【枕おすすめチェックポイント】失敗しない枕の選び方!性別や3つのタイプから見た選定方法

投稿日:2019年5月1日 更新日:

まくらおすすめ

まくらはあなたの健康を支えてくれるアイテムの1つです。

睡眠が朝の目覚めから、健康や仕事のパフォーマンスを向上することに関連しているのは今やほとんどの人が知っていることでしょう。

そんな睡眠を左右する枕に関してあなたはこんな悩みや疑問を持ったことはありませんか?

  • まくらって結構、種類があるけど、どれを選んで使ったらいいのかな?
  • 快眠できるための素材や、寝心地を快適にするまくらを選ぶポイントは?
  • 肩こりにならずに、リラックスして熟睡できるまくらってどんな基準で選べばいいの?
  • なぜ、睡眠で疲れが充分に取れていないのか?
  • 首に負担がかからず、背中が痛くならないまくらを選ぶには?

毎日使うわりには自分に合ったまくらに巡り合わないと思うことはありませんか?

おやすみン
私は今まで実に10個の枕を試したり、使用したりしました。

私は側弯が少しあるので、頚椎のカーブをサポートするためにはまくらにこだわる必要がありました。

自分に合う好みのまくらを追い求めていたら、どんどん増えちゃって、いつの間にか10個も所有する羽目に・・・

まぁ、そのうちの6個はくたびれたり、古くなったので処分しましたが。

そのため、まくらはたくさん変えてきたので私が経験した情報は参考になると思います。

おやすみン
まくら選びに悩む人におすすめな内容になっていますので、少し長めの記事ですが、ぜひ最後まで目を通してくださいね。
それではスタート!
くま吉

まくらが良くてもダメ!安眠するための根本的に大事なこと

健康なまくら

まず、まくらだけこだわってもダメです。身体は年齢と共に変化します。姿勢だったり、筋肉の柔らかさなどが変わってくるもの。

それはあなたにも言えることです。

たとえば、中学~高校では急激に成長スピードが高まり、身長も頭の重さも違ってくるので枕の硬さや高さも変わってきます。

社会人になれば、それぞれの仕事に対応した体の使い方をするので学生のころ使っていた枕は意外にも合わなくなります。

おやすみン
私はある時期、不眠症になったことがあります。寝ようと思っても全然眠れなくて・・・

焦りましたが、睡眠の本を読みあさってある答えがでました。

えー!?どうやって解決したの??
くま吉
おやすみン
”まくら”です。今まで使っていた枕を変えてみたら眠れるようになった

枕はずっと同じものということではなく、成長して洋服のサイズが変わるように、枕も年齢と共に見直すことがとても大事です。

こういったことって、睡眠で実際に苦労して初めて分かることです。

普段考えないことなので、そこに多くの人がまくら選びに苦労する理由があるんですよね。

とはいえ、まくらの賢い選び方を教えてくれる人はなかなかいません。
私のような睡眠難民をもう増やしたくない・・・!

そこで今回、まくらを10個も所有した経験を踏まえて、まさに枕の酸いも甘いも知り尽くした私が失敗しないための枕の選び方を紹介したいと思います!

おやすみン
まず、ここでは年齢とともに枕は変化していくものと理解しておいてください

まくらを選ぶポイント

柔らかい生地のまくら

まくらが合わないと頭痛や肩こり、時に腰痛まで引き起こす可能性があります。

まくらを選ぼうとして、こんなに悩むのはなぜでしょうか?

これって枕それぞれに特徴の違いがあるからですよね。

その違いを書きだしてみると・・・

素材 柔さ・硬さ 高さ サイズ
通気性 耐久性 形状 使い心地

たった1つの寝具商品に、これだけの比較すべき機能の違いがあるわけです。

枕って案外深いんだねー
くま吉
おやすみン
そうなんです。枕は寝具の中でも重要なものベスト3に入ります

普通に考えてただけでは何が大切なのか分かりにくく、結局どれ選んでいいか分からん!となってしまいます。

失敗しないまくらの選び方!眠りの姿勢との組み合わせがまくらの特徴を生かす

自分にぴったりな枕を購入しようとすると、枕だけで判断しようとします。

しかし、さきほども言ったように年齢と共にまくらは変わるもの。

まずは体格や姿勢から見る枕の選び方を見てみましょう。

寝姿勢から見る枕の選び方

1.体型による変化

体型による枕選び

人の体型は、ガリガリだったり、痩せ型だったり、肥満型だったりと様々です。

たとえば、痩せ型だった人が太ってお腹に脂肪がついてしまったとします。

そうなると、普段の姿勢は少し猫背っぽくなってしまいます。

この微妙な変化によって今まで心地よく寝れていた枕では眠ることができず、高さを少し上げないと寝付きが悪くなってしまいます。

あと太る影響で巻き肩になってしまいます。

まくら 肩こり

引用ストレッチポール公式ブログ

こうなると肩から首、後頭部にかけて今までのまくらではフィットしにくい状態になります。

2.正しい寝姿勢から見る理想のまくら

一番身体に負担がかからない姿勢は、壁に背中と後頭部・お尻とカカトをつけて立った姿勢をそのまま仰向けにすること。

仰向け寝姿勢

これが正しい寝姿勢と言われています。

この壁に背中と後頭部を付けたときに壁と首の間に、何本の指が入るか。

またはタオルを丸めて壁と首の間に挟んで、どのくらい丸めた厚さがあるか。

おやすみン
この2つで測ってみて、首と壁の隙間を埋められる高さが枕は理想的です。

まくらが高いと、頭が高くなりすぎて呼吸しづらい姿勢になってしまうので注意しましょう。

枕による構造5つのポイントの選び方

1.枕のサイズ

一般的な枕のサイズは6種類あります。

そのうち、もう少し分かりやすく簡単に分類すると3種類に分けられます。

枕のサイズ 体格分類
35cm~50cm 小柄な体格の人
43cm~63cm 中柄な体格の人
50cm~70cm 大柄な体格の人

ですがこれはあくまで仰向けで寝るためだけに体格的に見て分類したものです。

当然、寝返りして横向きで寝ることも考えなければいけません。

小柄な人は43×63cmのサイズ、中柄〜大柄の人は50×70cmの大きなサイズを選びましょう。

2.枕の素材

枕の素材って一体どんなものでしょうか?

ここでは代表的なものをあげてみましょう。

  • ウレタン
  • そば殻
  • パイプ
  • ポリエステル
  • 羽毛(羽根)
  • ビーズ

この6つがあることを知っていれば大丈夫です。

・ウレタンは体圧分散性に優れています。

3.枕の硬さと特徴

枕の硬さは素材によって硬さが変わります。

まずは低反発と高反発の枕から確認してみましょう。

低反発枕の特徴

特に最近人気なのはウレタン素材の低反発枕です。

ウレタン素材がどんなものかというと、手で圧迫すると手のひらの形が残るあの素材ですね。

低反発の良いところは、頭の形と重さに合わせて形状が変わる特性があり、寝心地が良いというメリットがあります。

しかしながら、柔らかな肌触りな反面、激しく沈み込みすぎるといったデメリットもあります。

おやすみン
低反発枕って結構多いですね。では高反発のまくらはどうでしょうか?

高反発枕の特徴

高反発枕は、首に柔らかくフィットしつつも後頭部をしっかり支えるサポート性があります。

型崩れしにくいというメリットもありながら、高反発枕はその高い反発力が影響して首や後頭部に合わない場合があります。

種類も少なく、価格も高めになっています。

続いてそば殻・パイプ枕について
くま吉

そば殻・パイプ枕の特徴

これら2つは素材が細かいので、頭にフィットしやすい特徴があります。

そして通気性が抜群で、硬い分安定性も高いですが、朝起きた時に肩や背中が痛くなるという人もいます。

そば殻が割れて、そばの粉がでるとムシが付きやすくなります。

この2つはおじいちゃん、おばあちゃんが好きな印象
くま吉

ポリエステル、羽毛(羽根)の特徴

ポリエステルは、イメージとしては柔らかいふわふわした「わた」です。クッション性があり、まくらの素材としては定番。

軽量で手軽に使いやすく、価格的にも良心的なものが多い。柔らかめの枕で眠りたい方におすすめです。

デメリットとしては、ホコリが溜まりやすくダニの温床にもなりやすいので、衛生面では清潔に保ち続けることが難しいようです。

羽毛は、通気性が良いいので冬は温かく、夏は涼しいという天然素材ならではのメリットがあります。

デメリットとしては、あまりに柔すぎて後頭部の底つき感を感じることでしょう。

・代表的な硬い枕・・・パイプ、そば殻、ビーズなど
・代表的な柔らかい枕・・・ポリエステル・羽毛(羽根)など

4.枕の高さ

まくらの最適な高さは、それぞれの体型や体格によって変わるもの。

理想は、立っているときと同じ姿勢になる高さで仰向けに寝ること。

仰向けで枕に頭を乗せたとき、喉や首の部分に圧迫感がないかどうか確認をしましょう。

理想の高さは、床に対して首の角度が15度になるくらいです。

もし気になる場合は、第三者に協力してもらって自分の寝姿を撮影してもらうのも良いでしょう。

また、敷布団の種類でも枕選びの基準が少し変わります。

昔の敷布団や硬めのベットを使用している場合は、適度な弾力があり沈み込みがあまりないのでさきほどの選び方で大丈夫です。

しかし、柔らかめのマットレスを使っている場合は、体重で沈み込むので、1cmほど高めの枕を選ぶばいいです。

5.通気性と耐久性

通気性は衛生面での抗菌や防臭にも大事なのですが、それ以上に大切な働きがあります。

それは寝つきを良くすることです。

通気性が良いと、頭の温度が下がりやすくなり、安眠につながります。

ウレタン素材の通気性

高密度な素材なので通気性が悪く、非常に蒸れやすいというデメリットがあります。長時間使用していると頭が蒸れてジメジメする使用感はあまり良くない。ウレタン素材の寿命は約2年から3年です。

そば殻素材の通気性

通気性が良いいので、熱がこもらず、夏でも頭や首を快適な状態に保つことができます。そば殻の寿命は約3年ほどです。

パイプ素材の通気性

通気性が抜群で蒸れないので不快感を感じません。パイプがダメになっても新しいものと入れ替えればまた使い心地が元に戻るので、何年も使える良さがあります。

ポリエステル素材の通気性

通気性は良くありません。寿命1年~3年程度

羽毛素材の通気性

通気性が良く、吸湿・保温・発散性に優れています。寿命は1年~3年程度。

ビーズ素材の通気性

通気性はいいです。寿命は1年~5年程度。

まくらのタイプで選ぶ

まくらの効果

なんか細かいことを理解するのは苦手だ!というあなた。

では、まくらのタイプで選ぶというのはどうでしょうか?

まくらには3つのタイプがある

まくらと一口に言っても、実は以下のような3つのタイプに分かれます。

  • 標準型
  • 特殊形状型
  • 上半身サポート型

それぞれのタイプ別にメリットとデメリットがありますので、まずはその点について解説しますね。

標準型のメリット・デメリット

ソフトなまくら

標準型はまくらの定番のタイプ。
どこの寝具店でも売られていることが多く、様々な素材のものが多いので最初のまくらとして標準型を選ぶ人は多くいます。

まくら選びで冒険をして、自分に合わないものを選ぶ失敗をするよりも、普通のまくらで構わないという方におすすめです。

標準型のメリット

  • 大きめ~小さめまで様々なサイズがある
  • どのインテリアにも合う
  • 2個重ねたり、2個横に並べたり使い勝手がある

標準型のデメリット

  • 横向きで寝る時に対応できない
  • サイズが小さいと寝返りしたときに頭が落ちる

特殊形状型のメリット・デメリット

真ん中が沈みのあるまくら

特殊形状型はただの長方形の形状ではなく、寝ることだけを目的にしていません。

形状によって対策されるものが違い、個人の悩みによって選ぶ枕が変わってきます。

写真のまくらは、真ん中が沈み、左右が膨らんでいるタイプ。

これは寝返って横向きに寝ても、肩幅の影響で頭の位置がキープでき、頸椎に負担がかからないように作られています。

何かしらに特化した専用まくらとも言えるでしょう。

自分の寝付けない原因がある程度特定できていて、何の症状に対応しているまくらなのか分かっている方におすすめです。

特殊形状型のメリット

  • 仰向けだけでなく、寝返って横向きでも対応できる
  • 標準型にはない肩こり対策のためのまくらがある
  • いびき改善に特化したまくらがある
  • 自分が悩んでいる症状に対策したまくらがバッチリ合えばこれ以上のまくらはないと思える

特殊標準型のデメリット

  • それぞれの対策用のまくらを購入しても、その症状を軽減できない場合がある
  • イメージと違う場合があり、実際に使ってみないと自分に合うか分からない
  • 慣れてしまうと、使っているまくら以外では寝つきが悪くなる可能性がある

上半身サポート型のメリット・デメリット

シート感覚のまくら

ここ最近、すごい勢いで広まっている最新のまくらです。頭だけではなく、上半身の負担を軽減する目的で作られたようです。

首・肩・背中を支える設計で今までにないスタイル。

もし今までのまくらに満足しない人は試してみてもいいかもしれません。

上半身サポート型のメリット

  • 専門家が絶賛してるらしい
  • 高さを自由に調整できる
  • 大きいので寝返りをして、どの位置にいっても枕から頭が外れることがない
  • 慢性的な肩こりが軽減または解消した人もいる
  • 寝相が悪くても頭が枕からはずれる事がなく安心。

上半身サポート型のデメリット

  • 通気性が悪い
  • 肩を持ち上げられた感じになり、なかなか寝付けないこともある
  • 大きいのでそれなりの広さが必要(天日干しも)
  • 合う人には合うが、合わない人には合わず人を選ぶまくら。
  • 暑い季節は背中まであるので すこし暑い。
  • 最初はウレタン素材特有の臭いがする。

それぞれのタイプのメリット・デメリットを知ったところで、3種類の中から自分の好きなタイプのまくらを選ぼうと思ったあなた。

ちょっとお待ちください!

まくらって、買ったはいいものの使い勝手が悪かった、なんていう失敗ケースも少なくないんです。

そこで、ここからはまくら選びで失敗するケースについて紹介させてください。
失敗するケースを知っておけば、まくらをよりかしこく選ぶことができますよ。

まくら選びで失敗するケース

オーダーメイドまくらで失敗するケース

オーダーメード枕は個人それぞれに合ったまくらを作ることを目的にしています。

今までどのまくらを試しても合わなかったという人が藁にもすがる思いで行きつく選択肢です。

オーダーメードは高額ですが、様々な計測を行いあなたに合ったまくらを創っていきます。

よし!このまくらがあれば大丈夫!・・・

実はほとんどが継続して使われなくなっています。

それはなぜか?

そのまくらを使っていくことで実は自分が求めていた肌触りや柔らかさはコレとは違うと初めて気づくのです。

自分の好みを知らなかったがゆえの失敗です。

オーダーメードする場合は、自分の好みをしっかり把握しておきましょう。

高さで失敗するケース

これは実際にあったことですが、「最近、朝起きたら首が痛いなぁ」と思いながら起きることが多くなったそうです。

その問題は枕にあると考えました。

頸椎のカーブをしっかりキープするため、まくらの高さが高いものを購入しました。

しかし、その後も首の痛みは軽減せず、頭痛までするようになったんです。

実はストレートネックだったんです。

ストレートネックは枕を高くしてしまうと逆に助長させてしまうのです。

性別で見たまくらの好み

男性女性まくら

 

男性向けのまくらとは?プレゼントするときの選ぶポイント

横向きで寝る場合、男性は肩幅があるので高めのまくらを好まれる方が多いです。

また、大柄な方は硬めのまくらを好む傾向にあります。

男性は汗をかきやすいので、まくら清潔を保つものがいいですね。

通気性が良いものを最優先として考えるべきでしょう。

女性向けのまくらとは?プレゼントするときの選ぶポイント

横向きで寝る場合、女性は肩幅があるわけではないので、高いと逆に寝心地が悪くなります。

そのため、女性は低めのまくらを好まれる方が多いです。

また、女性は抱き枕を好まれる方も多いので、そちらをプレゼントするのも選択肢の1つですね。

それぞれのまくらの洗濯方法は?

まくら水洗い

自宅でのまくらの洗濯方法って分かりづらくないですか?

それぞれの素材により、洗濯方法はまったく異なりますが、丸洗いしたい!というのが本音だと思います。

ウレタン素材

ウレタン素材は基本的に水洗いできません。

出来るものもありますが、手洗いが基本で、水や洗剤を吸いすぎることで素材が劣化してしまう危険性があります。

また天日干しをすることもNGになります。

そば殻

そば殻枕は洗えないことが多いというか、ほぼ洗えません。

清潔に保つためにはカバーを使うことを推奨します。

パイプ

パイプは水に強いので水で洗える素材です。

乾燥も簡単でいつでも清潔な状態に保つことができます。

ポリエステル

水洗いできるものとできないものがあります。

水洗いできるものは、1ヶ月に1回程度お洗濯しましょう。干す際は、軽く枕を叩いてホコリを落とすか、または掃除機でホコリを吸い取ります。天日干し。(直射日光OK)

羽毛

水洗いは基本できません。

普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。

干す際は、軽く枕を叩いてホコリを落とすか、または掃除機でホコリを吸い取ります。

ビーズ

水洗いは基本できません。

ただし、一部商品では水洗いが可能なものもあるようです。

普段は風通しのよいところで陰干しをしましょう。

症状別まくら対策

安眠快眠熟睡まくら

ここでは、症状別におこる原因と対策するまくらを紹介します。

ストレートネック

スマホが流行するようになり、聞くようになった現代病とも言えるストレートネック。

頸椎のゆるやかなカーブが消失している状態です。

まくらが高いと、余計ストレートネックを助長してしまいます。

そうなると首こり、肩こり、頭痛と様々な症状が出てきてしまいます。

低いまくらにタオルをかさ増しして、徐々にかさ増ししたタオルを外して低いまくらに慣れていきましょう。

いびき

枕が高すぎると状態で寝ると、人は顎を引いた状態になります。顎を引くと気道が圧迫され、狭くなってしまいます。

気道が狭いと空気が通るときの振動が大きくなり、音(いびき)が発生してしまいます。

日本人は特にこの影響を受けやすい骨格です。

高すぎる枕は、仰向けで寝ているときに、あごをひいた状態になり喉が圧迫され、いびきをかきやすくなります。

肩こり

枕の高さが合っていない場合、頸椎の骨の自然なゆるやかカーブがなくなってしまいます。

結果首や肩のまわりの筋肉が緊張して、肩こりや首の痛みを誘発するといわれています。

まとめ

まくら探し

いかがでしたでしょうか?

今回は、枕のおすすめな選び方を紹介してきました。

枕は1つだけに絞ろうとしないで、買い替えよりは買い足す気持ちで、いろいろ試してみましょう。

余った枕は抱き枕や足枕などいろんな用途で、気分や体調に応じて使うこともできます。

おやすみン
今回はまくらに特化して伝えてきましたが重要なのは「枕とマットレスはつねにセット」ということ。
まくらだけではベストではないということ?
くま吉
おやすみン
そうです。やはり寝具の快適さはまくら+マットレスで決まります。

この記事を読むことで少しでもあなたに合った枕が見つかるお手伝いができれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おやすみン

おやすみン

理学療法士という国家資格を持ってリハビリを提供しています。私は様々な痛みや動きが悪い人の体を見てきましたがその中で疑問が生まれました。「回復力が人によって差があるのはなぜだろう?」と。現場で働きながら勉強をしていく中で1つの答えがでました。それは「睡眠」。脳や体の回復のためには睡眠が重要だと着目するようになりました。

-枕・ピロー

Copyright© おやすみンドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.