睡眠コラム

【高血圧のメカニズム】寝不足だと血圧が高くなるのは本当か?原因とリスクを解説

投稿日:

おやすみン
こんにちは、おやすみンです。今回は寝不足が血圧に関係しているのか?をまとめてみました。

この忙しい現代社会で睡眠を十分にとれているという人はどれぐらいいるでしょうか?

ほとんどの人が忙しくて睡眠不足の状態で仕事をしているのではないでしょうか?

  • 最近、血圧が高い
  • 眠たいのに寝つきが悪い
  • 晴れた日でも、気分が冴えない
  • 仕事に集中できず、疲れやすい

この様々な症状は、寝不足が原因で起こる不調の可能性があります。

イライラするのも寝不足の症状?
くま吉
おやすみン
そうです。寝不足の症状で1番出やすいのがイライラです。

もし、これらの悩みがあるのであれば、今回お伝えすることは非常に役立つかもしれません。

寝不足と高血圧で奪われるリスク

おやすみン
まず、寝不足と高血圧の関係性を理解する前に自律神経について少し話しておきますね。

神経は自分の手や足を動かす神経と、自分の意志とは無関係に働く神経があり、それが自律神経と言います。

おやすみン
自律神経は2つに分かれています。

自律神経とは??

交感神経:体を活発に動かすときに働く神経

副交感神経:体を休めるとき(リラックスした時)に働く神経


簡単に説明するとこのような感じですね。

この2つの神経はお互いに拮抗して、バランスをとりながら働いています。

寝不足になると、あらゆる刺激(人間関係や仕事から受けるストレス)を過敏に受けてしまうようになり、些細なことでもストレスとして感じるようになります。

寝不足と高血圧の関係

なぜ、寝不足になると血圧が高くなってしまうのでしょうか?

それは、自立神経のバランスが崩れると、緊張感を高める交感神経が優位に働くことになります。

すると、精神面や筋肉が常に緊張状態になってしまい、これが起因しています。

睡眠中は本来、体や精神の緊張をゆるめる副交感神経が優位に働きます。

しかし、なんらかの睡眠障害を抱えて、夜中に何度も目覚めると交感神経が働き始めることに。

この交感神経が優位な時は、血管が収縮して血圧が高いのですが、これが常に続くと高血圧になります。


つまり、睡眠の質が悪い人や、慢性的に寝不足の人は高血圧になる確率が高く、これに運動不足(活動性の低下)や喫煙、大量の飲酒などの生活習慣が影響。

そして肥満、糖尿病などの生活習慣病が重なれば、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが非常に上がります。

生活習慣病の肥満と糖尿病の寝不足との関係性は?

ここでは寝不足に大いに関係する

  1. 寝不足+肥満
  2. 寝不足+糖尿病

この2つについてお伝えします。

1.寝不足+糖尿病について

睡眠時間が少ないと、食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌が少なくなった一方で、食欲増進ホルモンであるグレリンの分泌が多くなり食欲は増します。

その食欲に負けて食べ過ぎると摂取した余分なカロリーを効率よく管理することが出来なくなります。

そのため、インスリンのはたらきが低下し、血液中の糖分が増加します。

おやすみン
寝不足の時の食事の誘惑は気を付けましょう

さらに、コルチゾールが過剰に分泌されたり、成長ホルモンが抑制されたりして、結果的に痩せにくくなるだけでなく、骨や筋肉の弱体化につながります。

慢性的に睡眠時間が6時間以下の人は2型糖尿病を発生する率がはるかに高い。

じゃあ、週末寝だめすればいいんじゃない?
くま吉
おやすみン
どうやらそう単純ではないようです

肥満や2型糖尿病などの代謝疾患に対策するために、睡眠不足を解消する必要がある。ただし、週末の寝だめだけでは効果は不十分だ。「週末の寝だめにより体重が増加したり、インスリン感受性が低下する傾向がある」という。

「週末に寝だめをした人は、筋肉と肝臓に特異的なインスリン感受性が悪化していました」と、ライト教授は言う インスリン抵抗性が続くと、2型糖尿病のリスクが上昇する。

糖尿病ネットワークより引用

2.寝不足+肥満について

私たちには食欲を抑制するレプチンというホルモンと、食欲を増進させるグレリンというホルモンがあります。

睡眠が不足すると、レプチンの分泌量が減る一方でグレリンの分泌量が増えるので、食欲が高まり、肥満につながります。

不眠になると、起きている時間が長くなって食べる機会が増えます。

すると、睡眠不足からくる疲労感によって活動量が低下し、その影響でエネルギー消費が低下するのでますます肥満のリスクを上げる結果に。

おやすみン
つまり、7時間から8時間くらいの十分な睡眠を確保しないと、食欲増加と代謝の低下で体重はどんどん増えていきます。

とにかく寝不足状態を改善せよ!その方法は?

とにかく睡眠不足の状態から脱しなければいけません。

睡眠不足の原因の1つに睡眠時無呼吸症候群があり、この患者が多いことも指摘されています。

普段から日中も眠くて眠くてたまらないという糖尿病、糖尿病の可能性がある人も、医師に相談して医療行為を受けましょう。

また、何の影響もなく純粋に高血圧な人は、病院受診して血圧を下げる薬をもらって対処することが必要でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、寝不足と血圧のことについて紹介してきました。

寝不足と血圧の関係は、自律神経が関連していることが分かりました。

交感神経と副交感神経のバランスが大事なのですね。

また、寝不足はさまざまな病気も引き起こしてしまうリスクがあります。

おやすみン
睡眠不足が慢性化している人は気を付けてください!特にくま吉君!
眠そうな顔してるけど寝不足じゃないし。いたって健康♪
くま吉


1日1回を目安に血圧を測定して、自分の健康を管理することがベストなので寝不足で血圧が高いと実感がある人はやってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おやすみン

理学療法士という国家資格を持ってリハビリを提供しています。私は様々な痛みや動きが悪い人の体を見てきましたがその中で疑問が生まれました。「回復力が人によって差があるのはなぜだろう?」と。現場で働きながら勉強をしていく中で1つの答えがでました。それは「睡眠」。脳や体の回復のためには睡眠が重要だと着目するようになりました。

-睡眠コラム

Copyright© おやすみンドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.