xe88 apk 【知ってよかった】生理前の眠すぎる女性事情!原因と効果的な対策を徹底解説

睡眠コラム

【知ってよかった】生理前の眠すぎる女性事情!原因と効果的な対策を徹底解説

投稿日:2019年5月6日 更新日:

生理前の眠すぎる原因
おやすみン
おやすみンです。今回は女性の方に向けた記事を書いてみました

女性の方で最近、こんな症状で悩んでいる人はいませんか?

  • 日中、ぼーっとして仕事や家事がはかどらない
  • 十分に睡眠をとっているのに眠気が頻繁に襲ってくる
  • 集中力・思考力が低下し、なんかイライラする

女性にとってはかなり辛いことですね。

なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか?

強い眠気の正体「月経前症候群(PMS)」とは?

生理前の眠すぎる原因

月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関連していると考えられています。排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの原因と考えられています。しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、PMSは女性ホルモンの低下だけが原因ではなく多くの要因から起こるといわれています。」

日本産科婦人科学会より引用

おやすみン
どうやら生理前の症状のひとつのようです。

月経前症候群(PMS)の原因

ホルモンが分泌される期間は基礎体温が高くなって全体の体温が底上げされるので、昼と夜で体温の変化が少なくなります。

本来であれば、お風呂から上がったあとから体の深部体温が徐々に下がってきて自然に眠りを促進します。

しかし、この時期は体温が一定のため体が睡眠モードに切り替わらず不眠になる傾向があります。

排卵から次の生理にかけて分泌される、プロゲステロン自体に眠くなる作用があるため、日中の眠気の原因となります。

眠れないからイライラするし、コミュニケーションにも影響してしまいますよね。

それで悩まれている方もいるようです。

生理前の症状と妊娠初期の症状は似ているようです。

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群には様々な症状があるようです。


なんだか眠いだけではなく、体・精神(気分)・行動にも影響があるようですよ。

それぞれどんな症状があるのか紹介していきます。

身体的症状

  • 腹痛
  • 頭痛
  • 腰痛
  • むくみ
  • 身体の倦怠感
  • お腹・乳房の張り
  • 体重増加
  • めまい
  • ニキビ
  • 便秘 or 下痢

人によって違いはありますが、このような状態が多いようです。

じゃあ精神的なことは?
くま吉

精神的症状

  • 情緒不安定(すぐ涙を流す)
  • 怒りやすい
  • 抑うつ
  • 無気力
  • 不安に感じる
  • 孤独感を感じる
  • 強い眠気
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 自律神経症状としてのぼせ
  • 食欲不振・過食
  • 疲れやすい
精神的な症状を見ると、なんか仕事どころじゃなくなりますね。

じゃあ、今度は行動に関してはどうなるの?
くま吉

行動への影響

  • 彼氏に暴言を吐いたり、暴力を振るう
  • 吐き気を伴うことがある
  • 注意力が散漫になって失敗が多くなる
  • 体力が低下して動くことが面倒くさくなる
  • 記憶力が低下する
こう見るとかなり負担がかかってるんですね。

おやすみン
イライラしているイメージが強いですが、それ以外にも様々なことが体の中で起きていることを知ってしまいました

月経前症候群(PMS)の対処

pmsへの対策

排卵抑制療法(排卵を抑える治療法)
排卵が起こり女性ホルモンの大きな変動があることがそもそもの原因なので、排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすことで症状が軽快します。低用量経口避妊薬(OC、低用量ピル)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)は少ないホルモン量で排卵を止めます。これらの薬は副作用が少なく、服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものなので、服用を止めるとすぐに排卵が回復します。その後の妊娠には影響を与えません。

症状に対する治療法
痛みに対しては鎮痛剤、むくみなどの水分貯留症状に対しては利尿剤や抗アルドステロン療法(尿量を増やす治療法)、精神神経症状や自律神経症状に対しては精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬物療法(脳内の活性物質セロトニンを維持する治療法)を使用します。

漢方療法
個人の証(症状や体質)に合わせて、漢方薬を使用します。当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、桃核承気湯、女神散、抑肝散などがよく選択されています。

日本産科婦人科学会より引用

職場の同僚に時々、お腹をおさえてうずくまる女性がいました。

その女性は生理前になると腹痛がかなり激しくなる方で、しばらく痛みが続いて動けるようになってから薬を服用していました。

最初見たときはびっくりしましたが、薬を飲んでしばらく休んでいると痛みが緩和。

そのあと、痛みは解消されリラックスして仕事をされていました。

生活習慣の中で気を付けること

生理前の眠さへの対処

ちょっと、pmsにどう対処するかになってしまいましたので眠りについて戻りますね。

生理前はどうしても眠くなるというのは、女性にとって生理的現象と言わざる得ないようです。

ですが日ごろの環境や生活習慣のなかで気を付けておけば、夜眠れて日中の眠気が和らぐかもしれません。

生活習慣で睡眠の質を高めるために大事なこと

何を言っても生活習慣が乱れていたら、どんな治療をしても効果は半減するか、あまり得られないでしょう。

ここでは生理前でも睡眠の質をなるべく低下させないための情報をまとめてみました。

  • 朝起きたら太陽の光を浴びて、体内時計のスイッチをONにする。
  • 朝食をとって、体内時計を整える
  • 昼間、適度に体を動かして活動量を上げる
  • 夕食は寝る3時間前に食べることで睡眠の質を下げない
  • 夜は就寝時間の1時間前くらいから、スマホやPCなどのブルーライトの光は避けること
  • お風呂は寝る2時間前に入って、お湯は熱すぎないゆっくり温められる温度に設定する。
  • 寝室の温度設定を(理想的な室温は18.3℃)快適にするなど寝室の環境を整える。
  • 午後6時以降にはカフェインを取らない。
  • カフェインは女性ホルモンに影響を与えPMSの症状を悪化させる。

まとめ

pmsへの対処

いかがでしたでしょうか?

今回は生理前は、なぜこんなにも眠すぎるのかについて原因や症状、作用などの情報をまとめてみました。

ホルモンが作用していることで眠気が促進されるということでしたね。

ぜひ、生理前の激しい睡魔でも、生活習慣をなるべく乱さないようにすると日中の眠気が和らぐかもしれないので試してみてください。

おやすみン
私も生理前や生理中の女性の逆鱗に触れないようしていきます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おやすみン

理学療法士という国家資格を持ってリハビリを提供しています。私は様々な痛みや動きが悪い人の体を見てきましたがその中で疑問が生まれました。「回復力が人によって差があるのはなぜだろう?」と。現場で働きながら勉強をしていく中で1つの答えがでました。それは「睡眠」。脳や体の回復のためには睡眠が重要だと着目するようになりました。

-睡眠コラム

Copyright© おやすみンドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.